ロゴ
HOME>レビュー>下肢静脈瘤の初期症状って?【患者の声をチェック!】

下肢静脈瘤の初期症状って?【患者の声をチェック!】

脚

女性に多い病気の一つに下肢静脈瘤が挙げられます。ひどいむくみを放置していると下肢静脈瘤になる可能性が高まります。命に関わる病気ではありませんが、適切な治療を受ければ手術せずに済む可能性もあります。

口コミ一覧

足のだるさが続いたら要注意!【30代|女性】

立ち仕事をしている女性が、下肢静脈瘤になるのは当然とばかり先輩に言われました。痛みもなく、命にかかわる病気でもないと言われ、納得のいかないまま我慢の日々が続きました。彼からは血管の膨らみが心配と言われ、見た目にも良くないまで言われるまでになってしまったのです。しかし、こむらがえりを起こすことが増えたと共に、足にだるさまで感じるようになったことから、病院へ行くことにしました。先生からはもっと早くくるべきと注意されましたが、手術を行うまで必要ない旨も伝えら、ホッとしたのでした。当面の治療方法として、ふくらはぎをきつく絞めるソックスを履くと言う簡単なものでした。意外と早く改善されることが出来、もっと早く病院へ行くべきと後悔したものです。

最初は良く足がつりました【20代|男性】

学校卒業と共に就いたのが、デパート勤務でした。毎日が立ち仕事でしたので、始めは足が痛くて仕方ありませんでした。しかし長年勤めるようになり、足に変化が見えて来たのです。足が太くなって来たのは諦めなのですが、夜寝ている時にこむら返りが起き、つってしまうのです。あまりの痛さに目を覚ますのですが、収まるまでかなりの時間を要し、腹が立つばかりです。足がむくむなどは職業病と諦めていたのですが、頻繁に起こるため病院へ行くことにしました。想像通り、下肢静脈瘤と診断されましたが、足をつらせないためにふくらはぎを絞める感じのソックスを履くように言われました。寝る時だけで良く簡単な治療方法でした。効果はすぐに出て来て、今では足がつることもなく、足のむくみも少なくなっています。