ロゴ

症状に合わせてリハビリ!脳梗塞の後遺症は少しずつ改善できる

レビュー

和食

糖尿病の治療について【糖尿病の食事について患者へ聞いてみました】

糖尿病は、カロリーのとりすぎや運動不足などによっておこる生活習慣病です。慢性病と放置してしまうと心筋梗塞や脳梗塞など死にいたることもあります。糖尿病の食事では、バランスが良く、カロリーコントロールが重要となっています。また、運動をすることも大切です。

脚

下肢静脈瘤の初期症状って?【患者の声をチェック!】

下肢静脈瘤は女性に多い病気と言われますが、職業によって男性も発症します。早めの治療が改善につながります。命にかかわる病気ではありませんが、結構やっかいないことが起きるため病院へ足を運ぶようにするべきです。

足

下肢静脈瘤患者に聞いてみた!【病院選びについての口コミ】

手術経験も豊富な医師に下肢静脈瘤の治療をお願いすれば、傷跡も目立たないですし皮膚の変色も防ぎやすいです。症状を再発させないためにも、レーザーの扱いにも慣れている医師を頼って、下肢静脈瘤を治してください。

診察室

夜間診療している病院へ行こう!【夜間診療を利用した人の声】

浦安にある夜間診療を行っているクリニックは急病以外にも定期的な健診、受診で利用をすることもできます。こういうクリニックが自宅の近くにあるというのはとても助かります。

カウンセリング

糖尿病の症状について【糖尿病を発症した患者の口コミ】

糖尿病は、一度かかってしまうと根治が難しい病気です。そのため早めに気が付くことが大事で、早めの治療が健康を取り戻すことになります。治療には、小岩にある病院がおすすめです。

リハビリ計画に沿って少しずつ行うのがコツ!生活の品質を向上

脳梗塞の後遺症の中でも、半身麻痺などは生活に大きく支障を及ぼすため、リハビリで少しでも回復させておくことが大切です。リハビリを行うときは、専門家の指示に従い、無理のない範囲で行いましょう。また、リハビリは数回行うだけで回復するものでもありません。そのため、長期に渡る計画が必要になります。患者さん一人一人に合わせたリハビリ計画が立てられますので、リハビリを受ける本人も結果を焦らないようにしましょう。また、リハビリが最初から順調にいく方はそこまでいないのが現状です。もしうまくいかないと感じたら、脳梗塞以外の合併症が潜んでいないか確認しましょう。その合併症の症状によってリハビリが妨げられている可能性があります。自分だけでは気づけない症状もあるので、リハビリ担当者や医師、家族に相談してみるのも一つの方法です。リハビリは病院や施設で行うのが一般的ですが、自宅でもこまめにトレーニングするのが回復を早めるコツです。